金券ショップでの切手の扱いと京都でのおすすめ店の詳細

> 金券ショップでの切手の扱いと京都でのおすすめ店

金券ショップでの切手の扱いと京都でのおすすめ店

希少な切手の買取なら切手買取専門店がおすすめですが、一般的な金券ショップでも切手の売買は可能です。82円切手や62円切手などの普通切手はもちろん、120円、140円、200円などの額面の切手も、10円や2円などの少額の切手も扱っています。京都にも切手の売買ができる金券ショップは多数ありますが、まずは金券ショップにおける切手の扱いを見ていきましょう。その後で、京都で利用しやすい金券ショップを紹介します。

金券ショップは実用目的での切手買取
金券ショップでも切手の買取は可能です。切手を売るとなると専門店以外では買い取ってくれないと思いがちですが、町で見かけるたいていの金券ショップで買取も行っています。不要な切手を店に持ち込めば、その場で査定して現金に換えてくれるので便利です。ただし、金券ショップでは専門店のような高額買取は期待できません。切手の専門店は、切手の知識が豊富で鑑定技術も高い査定士が在籍しているため、どんな切手でもその価値を正当に査定してくれます。また、そういう専門店を利用する人も、切手に造詣の深いマニアやコレクターが多いため、素人にはただの古い紙切れとしか見えないような切手が非常に高額で取引されることがあるのです。しかし、金券ショップは切手に特化した店ではありません。希少価値の高い古い切手であっても、ただの古い切手としてしか扱ってもらえないことがほとんどです。コレクターの間で高額で取引されるような海外の切手でも、海外の切手というだけで買取できないことも珍しくありません。金券ショップが切手の買取を行う目的は、買い取った切手を店頭で再販することです。金券ショップで切手を購入する人も、定価より安く切手を手に入れたいと思って利用する人たちばかりですので、たとえ希少価値がある切手でも実用的な価値でしか判断してくれないのです。ですので、切手の買取でも、その切手の額面以上の買取価格になることはまずありません。金券ショップでは、シンプルに切手の額面に換金率(おもに90〜96%)をかけて買取金額を計算します。また、未使用のシートだけに限り、バラでは買い取ってくれないことも金券ショップの特徴でしょう。したがって、珍しい切手の高額買取を期待するなら切手の専門店を利用するべきです。郵便局で買ったばかりの切手シートを換金する場合なら、金券ショップの方が高く売れる可能性はあります。

定価より安く買えるのがメリット
金券ショップは、上で見てきたように切手の高額買取には向いていませんが、購入には便利でお得な面が大きいです。金券ショップが仕入れる切手は、お客さんが持ち込むもので、額面に換金率をかけた金額で買い取ります。そのため、再販する際も定価より若干安く買えるというメリットがあります。ただし、1枚からのバラ売りを行っている店はそれほど多くありません。10枚セットなどまとめ売りをしているところが多いので、1枚単位で購入したい時はコンビニの方が便利でしょう。というのも、金券ショップの切手の利益率はせいぜい10〜20%なので、82円切手1枚購入してもらったところで、10円前後の利益にしかならないからです。そんな利益率の低い商品をバラ売りしていると、接客に時間がかかるばかりで店にとってメリットがありません。しかし、購入する客としては1枚単位で購入できる方が便利です。金券ショップによっては、店のことより客のニーズを優先してバラ売りしているところもあります。一般的な傾向としては、繁華街など大勢の客が出入りする金券ショップよりも、郊外のそれほど混雑しない金券ショップの方がバラ売りしてくれることが多いと言えるでしょう。先ほど述べたように、接客にかかる時間が関係していると考えられます。ただし、2円切手など額面の小さな切手の場合、セットでないと購入できないことも多いので注意してください。

京都での切手売買に便利なリフォルテ
京都にはたくさんの金券ショップがありますが、切手の売買に便利なのが「リフォルテ」です。京都市に京都本店と京都錦店の2店舗を構えています。切手買取に関して金券ショップは不利と前述しましたが、リフォルテでは額面の大きな普通切手のシートなら95〜96%の高い換金率で買取してくれます。記念切手は普通切手より低いですが、額面50円以上の切手シートが10面以上なら94%という高い換金率で買取可能です。京都の金券ショップではトップクラスの換金率なので、現行の新品の切手シートを売却する際には便利でしょう。リフォルテを利用するなら、むしろ購入の方がメリットが大きいです。普通切手シートは額面の98%で販売しています。20万円以上のまとめ買いなら額面の97.5%です。また、はがきも割安で販売しているので、お近くで郵便を出す必要がある時などに重宝します。出張買取がないことや、日曜と祝日が休みであることなどデメリットもありますが、京都の金券ショップで切手売買ならリフォルテが最もおすすめです。